スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

地球の地殻変動が活発化しているようだ

 2010-03-10
2月27日に南米のチリで大地震があったばかりだが、当日以降も世界的に大地震が相次いでいる。

さらに、日本では、四国南西部でのスロースリップ現象や、南九州の桜島の活動の活発化が見られる。

どうやら、世界的に地殻変動が活発化しているようだ。


※2月27日以降、世界で発生した大規模地震(発生順)

●2月27日
沖縄本島近海沖(太平洋側)を震源とするM7.4の地震が発生。沖縄本島で震度5規模の地震が発生したのは99年ぶり。国土地理院は「今回の地震に伴い、沖縄本島8ヶ所で北西方向に最大約1cmの地殻変動を検出した」と発表。沖縄本島で地殻変動が観測されるのは稀といい、地震の規模の大きさが窺える。

●2月27日
チリ中部沿岸でM8.8の地震が発生。チリ沿岸部では、太平洋側の「ナスカ・プレート」が南米大陸の乗る「南米プレート」の下に、年間平均約9cmの速度で沈み込んでおり、両プレートの境界で大地震が繰り返し発生している。日本の気象庁は今回の地震で、この境界が長さ約500km、幅約200kmの範囲で、最大8~11m滑ったと推定。また、米NASAジェット推進研究所は、「この地震でおそらく地軸が2.7ミリ秒角(距離で約8cm)移動し、1日が1.26マイクロ秒(0.00000126秒)短くなった」と推定。

●3月4日
台湾南部の高雄県でM6.4の地震が発生。同地区では過去100年で最大規模の地震という。

●3月5日(日本時間3月4日)
南太平洋バヌアツ沖でM6.4の地震が発生。

●3月5日(日本時間3月6日)
インドネシアのスマトラ島沖でM6.5の地震が発生。

●3月8日
トルコ東部でM6.0の地震が発生。


■四国の南西部でプレート境界がゆっくり滑る「スロースリップ現象」
国土地理院は3月5日、四国南西部(愛媛・高知両県西端)から豊後水道にかけて、地下20~30kmで、プレート境界がゆっくり滑る「スロースリップ現象」が昨年秋から発生していると発表した。スロースリップ現象は1997~1998年、2003~2004年にも数ヶ月ずつ発生している。なお、この現象がゆっくり起きればエネルギーが徐々に解放され、大地震のリスクは減少すると考えられている。

■桜島の爆発的噴火回数が急増
活火山である桜島(鹿児島市)は昨年秋から活発な状態が続いているが、鹿児島地方気象台によると、桜島の今年の爆発的噴火回数が3月9日、300回を超えた。観測史上最多の年548回を記録した昨年は10月20日に300回を超えており、今年はそれより約7ヶ月も早い。これは観測史上最速である。



★地球の主要なプレート(画像、出典:Wikipedia)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/d/d4/Tectonic_plates-ja.png

※当ブログの関連記事
■チリに M8.8の巨大地震。太平洋沿岸に津波

チリにM8.8の巨大地震。太平洋沿岸に津波

 2010-02-28
未明の揺れ、地震国でもパニック チリ大地震
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2703552/5417988

日本企業、情報収集急ぐ=大地震のチリに約50社進出
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010022700367

津波、タヒチなどに次々到達=最大4メートルも-チリ地震
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010022800041

各地の津波の高さ〈気象庁観測、午後4時5分現在〉
http://www.asahi.com/national/update/0228/TKY201002280156.html?ref=rss

※YouTube動画
USGS: Chile Earthquake 'Alarming'
http://www.youtube.com/watch?v=nIwVmXn_YS4



2月27日午前3時34分(日本時間同日午後3時34分)ごろ、チリでM(マグニチュード)8.8の巨大地震が発生した。震源地はコンセプシオンの北北東約115kmの太平洋沿岸部、首都サンティアゴの南西約320km。震源の深さは約35km。未明の大地震に、現地では大きな被害が発生し、混乱が続いているようだ。

未明の地震というと、15年前の1995年1月17日早朝に発生し、神戸を中心に大きな被害の出た「阪神・淡路大震災」を思い出すが、今回のチリの大地震のエネルギーは阪神・淡路大震災の数百倍に及ぶという。

チリは現在、中南米諸国の中で国際金融界から最も信認された国となっている。その背景には、世界最大の銅埋蔵量を有する資源大国であること、健全な経済構造、自由主義的な経済運営、貿易自由化の積極的推進、外資企業の誘致などがある。チリは銅の埋蔵量・生産量ともに世界1であり、銅は同国の輸出の約40%を占めているが、今回の地震の銅鉱山への影響が懸念される。

地震に伴う津波が太平洋沿岸地域を襲来。仏領ポリネシア、ニュージーランド、米ハワイなどに現地時間27日朝(日本時間28日未明)から、津波が次々と到達した。ハワイでは全島を対象に、16年ぶりに津波警報のサイレンが鳴らされた。

日本の気象庁は28日午前9時33分、津波が沿岸の広い地域に到達する恐れがあるとして、東北地方の太平洋沿岸に「大津波警報」、それ以外の太平洋沿岸に「津波警報」、その他の各地に「津波注意報」を出した。大津波警報は、1993年7月の北海道南西沖地震以来17年ぶり。午後には日本の太平洋沿岸各地に到達し、午後3時49分に岩手県久慈市で観測された120cmが最大。

ちなみに、今から50年前の1960年5月22日(日本時間では23日)には、観測史上最大のM9.5という「チリ地震」が起こり、1743人が死亡した。1960年の地震では、発生から22時間後に津波が日本の三陸海岸を中心に襲来し、142人が死亡している。

また、今回のチリでの地震の約10時間前にあたる2月27日午前5時31分ごろ、沖縄本島近海を震源とするM7.0の地震があり、沖縄県糸満市で震度5弱を観測している。今回と同程度の規模の地震は1923年(M6.8)以来で、沖縄本島で震度5以上というのは1911年(M8.0)以来という。

1月12日のハイチでの地震、2月27日の沖縄、チリでの地震が互いに関係があるのかどうか分からないが、なんとも不気味である。

最近、地震が頻発/8月末~9月末に首都圏で大地震?

 2009-08-18
8月9日、11日、13日、それぞれ東海道南方沖、駿河湾、八丈島東方沖を震源とする地震が発生し、将来発生すると予想されている東海地震などへの連想から、ひやりとさせられた。また、この間、8月11日にはインド洋のアンダマン諸島沖でも地震が発生した。

■8月9日午後7時56分頃、東海道南方沖を震源とするやや強い地震。東京都、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県、福島県、宮城県で震度4を観測。震源の深さは約340キロ、マグニチュードは6.9と推定。

■8月11日午前4時55分(日本時間)、インド洋のアンダマン諸島沖で、マグニチュード7.6の地震が発生。震源の深さは33キロ。

■8月11日午前5時7分頃、駿河湾を震源とする強い地震。静岡県の伊豆市、焼津市などで震度6弱、東北から四国までの広い範囲で震度5強~震度1を観測。震源の深さは23キロ、マグニチュードは6.5と推定。

■8月13日午前7時49分頃、八丈島東方沖を震源とする強い地震。東京都八丈町で震度5弱を観測。震源の深さは57キロ、マグニチュードは6.6と推定。八丈島で震度5弱以上の地震が観測されたのは、1972年以来37年ぶりという。



以上の一連の地震がとりあえず収まったのかと思ったら、今度は8月17日に、沖縄県の石垣島近海および福岡県北西沖を震源とする地震が繰り返し発生した。

■8月17日午前2時25分頃、福岡県北西沖を震源とする地震。福岡市博多区で震度3を観測。震源の深さは約10キロ、マグニチュードは3.3と推定。

■8月17日午前9時6分頃、沖縄県の石垣島近海を震源とする地震。沖縄県石垣市などで震度3を観測。震源の深さは約10キロ、マグニチュードは6.8と推定。

■8月17日午後7時11分頃、沖縄県の石垣島近海を震源とする地震。沖縄県石垣市などで震度2を観測。震源の深さは約10キロ。マグニチュードは6.5と推定。

■8月17日午後8時40分頃、福岡県北西沖を震源とする地震。福岡市西区の玄界島と佐賀県基山町で震度3を観測したほか、山口県や長崎県などで揺れを観測。震源の深さは約20キロ、マグニチュードは3.9と推定。



短期間にこれだけよく揺れると、不安を感じざるをえないが、さしあたって大きな被害は食い止められている。経済的に不況に苦しんでいるこの時期に、大震災が襲ってきたら大変な事態になる。

と思っていたら、なんとも不気味な地震予想が出ているのを発見した。

NPO法人「大気イオン地震予測研究会 e-PISCO」は、大気イオンの観測に基づき地震の発生を予想している。同会の理事長を務める大阪市立大学名誉教授の弘原海(わだつみ)清氏は、大気イオン濃度の異常をもとに、今年の8月末~9月末の間に首都圏南部(房総半島~丹沢山地・相模湾)でマグニチュード7~8程度の地震が発生すると予測している。また同会によると、大地震の前には動植物や電気機器などに異常現象(宏観異常)が発生するといい、一般から宏観異常に関する情報を募集している。

大災害が起こらないことを祈るばかりだが、日頃から地震への警戒と対策を怠らないことが必要だろう。

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。