スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

5月下旬になって中南米で火山活動が活発化

 2010-05-30
5月下旬になって、下記のように中南米で火山活動が活発化している(日付は現地時間)。

●5月24日
中米コスタリカの首都・サンホセの北東約80キロに位置するアレナル火山(標高1633メートル)が溶岩、火山灰、ガスなどを噴出するなど、活動が活発化。アレナル火山はアレナル国立公園の内部にあり、当局は地域の住民を避難させた。

●5月27日
中米グアテマラの首都・グアテマラ市の南方約40キロに位置するパカヤ火山(標高2552メートル)が噴火。グアテマラ政府は周辺地域に非常事態宣言を発令し、住民を避難させた。グアテマラ市内のラ・アウロウ国際空港は、滑走路に火山灰が積もり閉鎖された。

●5月28日
南米エクアドルの首都・キトの南東約135キロに位置するトゥングラウア火山(標高5023メートル)が噴火。同国最大の都市・グアヤキルの国際空港は閉鎖された。噴煙は一時は上空10キロに達し、航路を迂回する航空便もあったという。

火山の噴火と関係があるのかどうかは分からないが、5月28日は満月だった。また、アイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル火山が約190年ぶりに噴火した、4月14日は新月だった。

なお、5月28日には、南太平洋のバヌアツ沖でM7.2の強い地震も発生している。震源は同国の首都・ポートビラの北西約485キロで、震源の深さは36キロ。

日本では、桜島(鹿児島市)の爆発的噴火回数が5月11日、今年に入って500回に達し、月100回を超える過去最多のペースとなっている。昨年の年間の爆発的噴火回数は過去最多の548回だったが、今年は月当たりでは昨年の3倍近いペースだ。

桜島の近くでは、鹿児島県と宮崎県にまたがる霧島山の新燃岳(しんもえだけ/標高1421メートル)が5月27日(満月の前日)、小規模噴火した。新燃岳は2008年8月22日に17年ぶりに噴火したが、今年の3月30日(満月)に約1年7カ月ぶりに噴火し、さらに4月17日(新月の3日後)にも噴火し、今年は5月27日で3回目の噴火となる。

最近の世界的な火山の噴火や地震の発生から推測すると、特に太平洋を取り巻くエリアを中心に、なんらかの地殻変動が起きているのかもしれない。

今年は短期間に気温が激しく変動するなど、異常気象の様相も呈している。火山活動の活発化や大地震の発生も、それと関係しているのだろうか。今後、火山活動の活発化で噴煙が増えるようであれば、気候や経済活動への影響も懸念される。


※関連エントリー
■メキシコ、スマトラ島、ソロモン諸島、中国青海省と大地震が相次ぐ。桜島も活発化
■地球の地殻変動が活発化しているようだ
■チリにM8.8の巨大地震。太平洋沿岸に津波

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/98-d148ffbe
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。