スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アップルの「iPad」が日本でも発売開始。出版業界への影響は必至

 2010-05-28
アップルの新型情報端末「iPad(アイパッド)」の発売が5月28日午前8時から、アップルやソフトバンクモバイルの直営店、一部の家電量販店で開始された。米国ではすでに大ヒット商品となっているが、日本での熱気もすごいようだ。大ざっぱに言えばiPhoneとPCの中間に位置づけられるデバイスで、PCのように様々な用途に使える汎用性を持つが、今回は特に電子書籍リーダー機能に注目が集まっている。

電子書籍リーダーではアマゾンの「Kindle(キンドル)」が先行しているが、Kindleは比較的小さなモノクロの電子ペーパーの画面であり、基本的には電子書籍リーダー機能に特化している。Kindleの方が目が疲れにくいとも言われ、バッテリーも長持ちするなどのメリットはあるが、iPadはカラー液晶の大画面で見栄えがするし、汎用性もあるので、総合的にはiPadに軍配が上がりそうな気がする。もっとも、アマゾン本来のビジネスとしては電子書籍コンテンツが売れればいいわけで、必ずしも自社の電子書籍リーダーが売れる必要はない。Kindleが電子書籍のマーケットが拡大するきっかけになれば、それでいいのだ。アマゾンも今後は、iPad上で読める電子書籍コンテンツの販売に注力してくるのではないだろうか。

本当に戦々恐々としているのは、日本の出版業界だろう。業界を取り巻く環境は非常に厳しい。書籍市場は縮小の一途をたどり、雑誌も部数と広告収入の減少が続き、休刊が相次いでいる。出版業界は、電子書籍について表面的には平静を装っており、大きな影響はないとのコメントを出したりしている。米国は国土が広大で、身近な場所で書籍を購入しにくいという事情が、電子書籍の急速な普及の背景にあるという意見もある。しかし日本でも、電子書籍が出版物や出版業界のありかたを一変させる可能性は大きく、今後、業界が甚大な影響を被るのは避けられそうにない。しかし業界には、明確な展望や有効な対策は特にないようだ。

実際、電子書籍でさしつかえないものは非常に多い。コンテンツをどこでも直ちに入手でき、保管のための場所が不要という点では、電子書籍が圧倒的に有利だ。紙の書籍の場合は一般的に、出版社→取次会社→販売店(書店など)という方向で流通するが、電子書籍では流通の中抜きが起こり、再販価格制度も適用されない。紙の書籍と電子書籍では、もともとのコンテンツは共通していても、流通経路や価格体系はまったく別種の商品になってしまう。日本の出版業界では、出版社がとりあえず取次会社に商品を卸せば売上となり、あとで返品されたら返金するという商慣行になっている。出版物の返品があまりに多いことが問題になっているが、出版社は自転車操業で新刊書を出し続ければ、とりあえず売上は立つことになる。しかし、電子書籍ではそうはいかない。電子書籍が急速に普及すれば、日本の出版業界の脆弱性が一気に表面化する可能性がある。

雑誌の場合は、単行本以上に電子書籍のメリットが大きい。たとえばiPadで電子版の雑誌を見られるのであれば、紙の雑誌のようなページ数の制約がないので、画像をより多く掲載できるし、リンクされたWebサイトに自在に飛ぶことができ、誌面とネット通販を連動させることも容易だ。こうなると、ネットやITのスキルも要求されることになり、従来型の紙の雑誌の編集とはかなり違ったものになる。

電子書籍が普及すれば、既存の出版社のブランド力や支配力のかなりの部分が幻想だったことが露呈するだろう。そして出版社は、優れた企画を立案し、著者を発掘・育成し、プロモーションしたりする力が、より厳しく問われることになる。通り一遍の内容の書籍をルーティンワークで作っているだけであれば、存在価値はたちまち低下する。優れた著者の立場は強化され、出版社はある面で芸能プロダクション的な要素も必要になるかもしれない。いずれにせよ、既存の出版社の事業形態や人員、規模をそのまま維持し続けることは、ますます難しくなりそうだ。


※関連エントリー
■電子書籍の普及で出版社は微妙な立場になる

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/97-24b8d358
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。