スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

普天間移設は「辺野古付近」で日米が大筋合意。鳩山首相の約束は嘘だった

 2010-05-24
5月22日、米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)移設問題で、日米両国政府が大筋で合意した。合意内容によると、移設先はほぼ現行案どおりのシュワブ沿岸(沖縄県名護市辺野古)とされ、普天間基地の機能を部分的に沖縄県外に分散することも検討する。ただし、具体的にシュワブ沿岸のどのエリアに建設するかや、施設の工法(「埋め立て方式」や「くい打ち桟橋方式」)については、決定が9月に先送りされた。鳩山首相が約束してきた5月末の期限が迫る中、沖縄など現地や連立与党との調整がすまないまま、頭越しに日米両国政府が直接合意した形となった。政権発足当時、「最低でも県外、できれば国外」と言っていた鳩山首相の約束は反古にされたことになる。今回の米側との合意内容は、2006年に前政権がまとめた現行案をベースにするものとなり、結局、振り出しに戻った格好だ。

今回の合意にあたって、首相は次のような趣旨の発言をしている。
「移設先は辺野古付近にお願いせざるをえない」
「『できる限り県外』という約束を守れなかったことをお詫びする」
「朝鮮半島情勢など東アジアの安全保障環境は不安定であり、沖縄の海兵隊を含め、在日米軍の抑止力を低下させてはならない」
「沖縄の負担軽減措置をこれから検討していく」

ところで、今回の日米合意に先立つ5月20日には、韓国海軍の哨戒艦が3月26日に爆発・沈没した事件について、軍民合同調査団が「北朝鮮の魚雷攻撃」によるものと断定した。その翌日の5月21日には、米国のクリントン国務長官が中国訪問の途上、日本に立ち寄って鳩山首相を訪問した。5月22日の日米合意はその直後になされており、これら一連の出来事は関連しているように見える。シナリオ通りなのかもしれない。

そもそも、普天間基地の機能を県外・国外に移転することを5月末までに決めるというのは、もともと民主党のマニフェストにも掲げられておらず、鳩山首相が個人として約束してしまったことだ(首相は「党の公約ではなかった」と言い逃れを図ったが、これも感覚を疑いたくなる発言だ)。普天間基地移設問題は、前政権においても長年にわたって多くの関係者と交渉を続けながら、なかなか決着に漕ぎ着けられなかったエース級の難問だ。利害が複雑に交錯し、基本的には関係者にそれぞれ不満の残る形での解決策しかない。三方一両損の形で決着を図るしかない以上、交渉が難航するのは当然だ。過去の経緯を調べれば、この問題の解決が容易でないことはすぐに分かるはずだが、首相はきわめて軽率に(信じがたいほど楽観的に)、実現可能な具体案もないまま、現行案をひっくり返すような決着を、根拠のない思いつきで口約束してしまった。

首相のこれまでの発言などから推測する限り、普天間基地移設問題の経緯について事前に調べたり、多くの関係者から話を聞いたりした形跡はない。しかも、土壇場になるまで首相が積極的に動いた様子もない。最初から、この問題について真剣に考えてはいなかったとしか思えない。首相は約束を守れなかったことにさほど動じている様子もなく、最近では「抑止力」という言葉を言い訳のように連発している。抑止力という言葉を振りかざしさえすれば、自分の政治責任は回避できると思い込んでいるのだろうか。最近になってやっと、抑止力という概念に気づいたのだろうか。

現行案に不満を持ちながらも、なんとか受け入れている人も多かった現地・沖縄に、もしかしたらと期待させる約束をしておきながら、最後には「約束が守れなかった」ですませようとする。深い考えもなく、表面的にかっこいいことを言って期待を持たせながら、約束の実現のために奔走するわけでもなく、結局は口先で詫びておしまい。現地は怒りというよりも、むなしさと脱力感に陥っているのではないだろうか。それにしても、「相手を脱力させて、怒りを緩和してしまう」のは鳩山首相の意図せざる得意技らしい。

辺野古付近への移設で日米が合意したといっても、沖縄は簡単には同意しないだろう。現地の同意がなければ、移設は事実上、不可能になり、普天間基地の継続使用という事態になりかねない。問題を混乱させ、迷走させただけの鳩山首相の責任は重い。


※関連エントリー
■沖縄訪問の鳩山首相、普天間基地の県内移設を伝達するが、能天気な発言に脱力感

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/95-2890215b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。