スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

沖縄訪問の鳩山首相、普天間基地の県内移設を伝達するが、能天気な発言に脱力感

 2010-05-06
鳩山首相は5月4日、就任後初めて沖縄を訪問し、仲井間知事と会談。米軍普天間基地(宜野湾市)の移設先について、県内移設の方針を伝えた。これまで首相は「5月末の決着」を言い続け(事実上の公約)、最近も「腹案がある」と自信ありげに語っていた。しかし、「普天間基地の機能の大部分を沖縄県内で移設し、鹿児島県・徳之島にヘリ部隊の一部を移転する」という案には、沖縄と徳之島のいずれもが猛反発し、米側も運用上の問題から難色を示した。地元、米側、連立与党(特に社民党)が全て納得する案は存在しない。結局、現行案通り県内のキャンプ・シュワブ(名護市)沖合に移設するか(環境保護の観点から、埋め立てではなく杭打ち工法も検討されているが)、普天間基地を継続使用(そして移設先は継続協議)するしかなさそうだ。首相は従来、「(移設先は)最低でも県外」と言っていたが、地元・沖縄にとっては約束を公然と破られたことになる。首相は「沖縄の思い」を口にするが、沖縄の人々の心をもてあそんだと言われてもしかたがないだろう。

首相は今回、「国外移設は抑止力という観点から難しい」、「県外移設も現実問題として難しい」、「学べば学ぶほど、海兵隊が抑止力を維持していることが分かった」と発言しているが、今頃になってこのような発言が出る能天気さに対し、多くの人が唖然とし、脱力感すら感じたのではないだろうか。首相には、この問題が本質的に安全保障問題だという認識が欠落しており、また、関係者との交渉も非常に困難だという認識もなかった。やっと問題の重大性や難しさが分かりかけてきたと、ひとごとのような発言をされても、政府の最高責任者としては何をかいわんやである。首相はもともと、普天間基地移設問題にはほとんど興味がなかったのではないだろうか。実際、この問題を真剣に議論したり、移設先の候補を必死で探して交渉した、といった形跡はまったくない。

鳩山首相はかねてから「友愛」をモットーにしているが、「現実を見ていない」という傾向が顕著だ。今回の普天間基地移設問題をめぐる迷走は、首相のそのような特徴をあらためて露呈した。特に安全保障や外交は、国益をかけた冷徹なリアリズムの世界だ。頭の中にこしらえた「友愛」の世界にひたって現実を見ないのでは、安全保障も外交もまともな意思決定はできないだろう。「現実から遊離し、自然調和の観念の世界で自己陶酔している」ようでは、現実の泥臭い政治課題を解決していくのは困難だ。

また首相は、「心情が論理の代わりをしている」という傾向もあるようだ。首相の発言はころころ変わり、論理的に一貫性がないことも多いが、本人は「心情」という点では一貫しているつもりなのかもしれない。とはいっても、この場合の心情とはあくまでも「自分の思い」であって、「他人の思い」を理解しているようには見えない。本人の「思い」は一貫しているつもりでも、交渉相手から無責任な背信行為と受け取られかねないのでは、信用を失墜するだけだ。

いずれにせよ、鳩山首相が政府の最高責任者として根本的な難点をかかえているのは明らかだ。というよりも、この人物が政治家になったのが間違いなのではないだろうか。


※関連エントリー
■普天間基地移設問題で進退きわまる鳩山政権
■普天間基地移設問題で国内外で信用を失う鳩山首相
■鳩山首相の変な「お公家さん感覚」

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/87-cab51cae
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。