スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

iPadの米国以外での発売が5月末に延期

 2010-04-15
Appleは4月14日 、米国以外におけるiPadの発売を当初予定の4月末から5月末に延期する旨、以下の通り発表した。

Appleは、iPad™を発売後最初の一週間で50万台以上出荷いたしましたが、予想をはるかに超える需要があり、より多くのお客様がiPadを実際に手に取って見られる中、今後数週間にわたって私どもの供給を超える需要があるものと思われます。また、iPad 3Gモデルにつきましても、4月末の納期分に対し数多くのご予約をいただいております。

このような驚くべき米国内での強い需要に直面し、iPadの米国外での発売時期を1ヶ月延長して5月末とするという困難な決断をいたしました。5月10日 (月) に、米国外での販売価格を発表し、オンラインでの予約受け付けを開始いたします。iPadの発売を待ち望まれていた米国外の多くのお客様には、このニュースに失望されることと思いますが、iPadがかくも米国で大成功を収めているという発売延期の理由を聞いてご了解いただけることを希望いたします。


iPadは米国では既に4月3日から発売が開始されているが、人気が過熱し、生産が追いつかないとのことだ。現地では同じAppleのiPhoneの発売時を上回るフィーバーぶりで、もはや社会現象になっている観すらある。来たる5月10日 には米国以外での販売価格が発表され、オンライン予約も受付開始となる予定だが、その頃には日本でも騒ぎとなりそうだ。

ところで近年、日本メーカーからは、家庭用ゲーム機などを除くと、社会現象を引き起こすようなデバイスがなかなか登場しない。たとえばソニーは、ウォークマンなど時代を画する製品をいくつも世界に送り出してきたが、最近はかつての面影はない。日本メーカーはハードウェアや生産の技術力では負けていないのだろうが、いかんせん、ソフト面での企画力やマーケティングに難点がある。いわばガラパゴス化した国内市場の中で、従来型の職人的なモノ作りを律儀に続けていくだけでは、世界市場で日本製品の付加価値を高めるのは難しい。日本メーカーの問題は、Appleのスティーブ・ジョブズのような人物がいないことかもしれない。

さて、iPadは電子書籍との絡みで取り沙汰されることも多い。ただ、AmazonのKindleがモノクロの反射型ディスプレイ(電子ペーパー)を採用し、電子書籍ビューア-機能に特化しているのに対し、iPadはカラーのバックライト液晶を採用し、機能面ではタブレットPCのようなコンセプトであり、より汎用性が高い。iPadが成功すれば、電子書籍の普及に拍車をかけるだけでなく、PCのあり方や使い方も変えていく可能性がある。


※関連エントリー
■電子書籍の普及で出版社は微妙な立場になる

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/80-6a957cc0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。