スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

存在理由が分からない新党「たちあがれ日本」

 2010-04-10
無所属の平沼赳夫元経済産業相、自民党を離党した与謝野馨元財務相、園田博之前幹事長代理、藤井孝男元運輸相、中川義雄参院議員の国会議員5名は新党「たちあがれ日本」を結党することになったわけだが、この新党の評判がはなはだ芳しくない。いったい誰が期待しているのだろうかと思うほど、さんざんな状況である。高齢者ばかりというのもさることながら、あえて自民党を離党した必然性や、従来の自民党との違いがさっぱり分からないのである。

新党の中核は平沼氏と与謝野氏だ。郵政民営化に絶対反対を貫いてきた平沼氏はともかくとして、もうひとりの中心人物である与謝野氏はもう少し改革的なのかというと、こちらにも大きな疑問符がつく。そもそも与謝野氏は、自民党が野党に転落した要因についてどのような認識を持ち、どのように総括しているのだろうか。

そのあたりの与謝野氏の政治認識が窺えるのが、雑誌『ZAITEN』(2010年5月号)に掲載された、ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏による与謝野氏へのインタビュー記事である。その中から、一部を抜粋してみよう。

F:フルフォード氏)
F: なぜ、自民党は政権を失ってしまったのでしょうか。
与謝野: そんなことは分からないよ。国民が決めたのだから。どうして政権交代に至ったのかは、私に聞いても分からないですよ。そもそも国民自身が決めたことなんですから……。
F: でも、自民党としては敗因分析や反省はされていますよね。そこから何か分かったことはありましたか。
与謝野: それはやはり、自民党が“パフォーマンス”をしていなかったからでしょう。
F: 政権与党として成果を出せなかったということですか?
与謝野: いや、アピールできなかったということです。自民党の政策自体は間違っていなかった。
F: では、世論への訴え方など含めて、具体的に何が失敗だったと考えていますか?
与謝野: 失敗したとは思っていません。やはり国民の気分が「新しいものを求めていた」というだけですよ。その結果が、“最低最悪”の民主党の政策です。
F: 民主党の政策のどこが一番、最低最悪なのでしょうか。
与謝野: それは財政問題です。


要するに、「自民党の政策に問題はなかったが、パフォーマンスをやらなかったので、新しいものを求める国民にアピールできずに負けた」というのが与謝野氏の総括らしいが、唖然とするしかない。自民党が続けてきた政策になんの問題もなかったという認識では、日本を取り巻く環境が激変する中でどのような改革を推進すべきかということに関して、まともな展望が出てくるはずがない。表面的なパフォーマンスの有無だけを自民党の野党転落の理由にするに至っては、政治家としての見識を疑わざるを得ない。与謝野氏には問題感覚が根本的に欠落しているのではないだろうか。与謝野氏からは「古き良き自民党の時代への郷愁」しか感じられない。

与謝野氏の民主党への批判は、「政治とカネ」の問題(これについては鳩山首相を痛烈に批判しても、小沢幹事長の批判は控えているのが謎だが)の他は、バラマキによる財政悪化に集中している。与謝野氏はかねてから財政再建派として知られ、財政悪化を危惧するのは分かるが、財政収支の問題を超えて大局的な国家戦略を持っているようには思えない。

与謝野氏は政策通と言われている。しかし、それは「官僚が説明する政策を理解できる」という意味の政策通であって、国家戦略を持って政策を立案していく力量があるかどうかは疑問だ。

そのような与謝野氏と平沼氏が組んで、何をしたいのだろうか。新党「たちあがれ日本」の存在理由が、ますます分からなくなってくる。


※関連エントリー
■新味もインパクトもない新党「たちあがれ日本」は前途多難
■与謝野氏らの新党構想に世論は否定的。「みんなの党」は支持率急上昇
■自民党離党の与謝野氏などが新党結成へ。「みんなの党」も人気上昇

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/77-bb3c50e5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。