スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

本当の労働者保護にならない「労働者派遣法改正案」

 2010-03-20
鳩山内閣は3月19日、仕事があるときだけ雇用契約を結ぶ「登録型派遣」や「製造業派遣」の原則禁止を柱とする、「労働者派遣法改正案」を閣議決定した。

登録型派遣は、通訳や秘書など専門性の高い26業務や、高齢者派遣などを除いて禁止する。製造業派遣は、長期の雇用契約を結ぶ「常用型派遣」を除いて禁止する。これら登録型派遣と製造業派遣を原則禁止する時期は、導入に伴う混乱を避けるため、「公布後、3年以内の政令で定める日」とする。ただし、登録型派遣のうち一般事務などについては、さらに最長2年の猶予期間を設ける。

さらに、「日雇い派遣」や「雇用契約が2ヶ月以下の派遣」も原則禁止され、違法行為があった場合は、派遣先企業が派遣社員に雇用契約を申し込んだとみなされる。これは、公布日から6ヶ月以内に施行する。

なお、原案では、「派遣先企業が派遣労働者を受け入れる前に事前面接」することを、一部解禁する規定も盛り込まれていた。しかし、連立与党の社民・国民新両党が、企業が採用基準を厳しくする恐れがあるとして反対したことを受け入れ、閣議決定に先立つ3月17日、改正案から削除された。

政府は今回の改正案の趣旨として、労働者保護の強化を挙げる。しかし、本当の意味での労働者保護につながるのか、その有効性はきわめて疑わしい。

なにより派遣規制の強化は、企業にとって派遣を利用するメリットが低下し、実質的なコストが高まることになる。そのため派遣への需要が減少し、ただでさえ厳しい雇用情勢がさらに悪化することになりかねない。政府は企業に正社員化を推進させたいようだが、そもそも企業は、正社員を抱え込むコストやリスクを抑制するために派遣を利用している以上、派遣規制によって正社員の雇用機会がさほど増えるとは考えにくい。

なかでも、国際市場で新興国の追い上げなど厳しい競争にさらされる製造業にとっては、国内での製造コストがさらに高まり、製造拠点の海外移転に拍車がかかるだろう。そうなると、他の産業に受け皿がない限り、国内の雇用機会は減少していく。

経営基盤が強い国際企業はまだいいが、時季により繁閑の差が大きな中小零細企業などの中には、企業の存立自体が脅かされる事例も出てくるだろう。下請け企業の経営が困難になれば、発注元である大手企業も影響を受けざるをえず、これまた国内で製造業の空洞化が進む要因になる。

結局、今回の改正案は、日本経済の低迷が続く中で、全体として雇用情勢をさらに悪化させる可能性すらある。また、もともと柔軟性に乏しい日本の雇用制度をさらに硬直的にすることにより、今後の経済発展に必要な産業構造の転換も阻害する。

最大の労働者保護は何かといえば、やはり経済を活性化させることに尽きる。そのために必要な政策は、企業活動に対する様々な規制を大胆に緩和し、法人税負担を減らすなどして、事業活動がやりやすい環境を整えることだ。それによって経済成長がもたらされ、新たな産業や市場が創造され、まわりまわって労働者の利益にもなる。

しかし現在の民主党政権には、そのような発想があまり見受けられない。郵政の実質的な国営事業への逆行が進み、金融への政府介入も強まるなど、社会主義を思わせる統制主義的政策が相次ぐようでは、危惧の念を禁じえない。

硬直的な「正社員」や「正規雇用」という概念に固執し続けるのが適当かどうかも、検討する必要があるだろう。強い身分保障や終身雇用などをベースとした正社員制度は、まだ企業と労働者の双方にメリットがある。しかし最近では、正社員採用の見送りやリストラの推進などに見られるように、それを重荷と感じる企業も増えている。労働者にとっても、正社員としての終身雇用は参入機会が限定されている上に、経済の先行きが不透明な中で、生涯にかかわる大きなリスクを引き受けることも意味する。

むしろ、「正規雇用」という概念を緩和して「非正規雇用」との垣根を低くし、労働形態の多様化を推進し、雇用の流動性を高めていくことが、今後の日本経済に求められているのではないだろうか。企業と労働者の双方がメリットを享受でき、日本経済の活性化を促進する方向で、新しい雇用制度を設計していく必要がある。本当の労働者保護は部分的な規制を強化することではなく、日本経済の将来を見据えつつ、大局的観点から考えていかなければならない。


※当ブログの関連記事
■日本の終身雇用はどうなる
■2010年度の正社員採用、半数近い企業が予定なし
■オランダのワークシェアリングに学べ

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/67-9ca25d4b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。