スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

鳩山首相との思考様式とオペレーションズ・リサーチ

 2010-03-15
鳩山首相は日本の首相としては珍しく、ばりばりの理系出身だ。東京大学工学部応用物理・計数工学科を卒業後、米スタンフォード大学の大学院に留学し、オペレーションズ・リサーチ(以下、OR)を専攻して博士号を取得している。日本の国会議員は海外留学経験はあっても、まともに卒業している例が少ないのと比べると、鳩山首相は米国有数の大学の大学院を卒業したばかりか、博士号まで取得しているのだから大したものである。

鳩山首相はORには思い入れがあるらしく、ORを野球に応用した『野球のOR』(1979年)という論文まで発表している。首相は先日、カオス理論らしきものを持ち出して、「ブレが多い」と批判される自分の言動について、「ゆらぎ」を例にひいて釈明したが、実はORも、首相の言動を読み解くうえで重要なキーワードと考えられる。

Wikipediaの解説 によると、ORとは次のようなものだ。

ORは現在では、組織体(企業、非営利法人、自治体、政府、国際機関などすべて)の意思決定のための、合理的・科学的アプローチの技術として必須のものである。 基本的手法は順列組み合わせ、確率、最適化および待ち行列などである。

ORの発祥は第二次世界大戦中のイギリスであり、Operational Researchという名前であった。高度な科学技術を持つ兵器でもその運用面までを考慮しなければ科学兵器の持つ能力を最大限に発揮することができない。兵器の爆撃能力というハード面ではなく、ソフト面(運用)に焦点を当て研究されたのがORという学問の始まりである。そこからORはアメリカに渡り、Operations Researchという名前を持った。

第二次世界大戦後は応用数学に浮上する。ダンツィーグが1948年に線形計画法、1951年にケンドールが待ち行列、1952年にベルマンが動的計画法など、ORに欠かせない数学的手法が数多く提唱され、ORの発展に大きく寄与した。日本においても、第二次世界大戦時に数学や統計学の専門家を集めた同様の組織が存在した。現在、防衛省にOR専門の組織が存在する。


ORは現在でこそ、企業をはじめとする組織の意思決定に応用されるが、もともとは軍事分野で研究された理論である(「ランカスター戦略」も同様な経緯がある)。特に米国などでは、ビジネスにおける競争は戦争に例えられることも多く、ORのビジネス分野などへの応用が進んだ。しかし、日頃から「友愛」というキャッチフレーズを掲げる鳩山首相にとって、軍事的・競争的性格の強いORとの整合性はどうなっているのだろうか。

そもそもORは、「所与の制約条件のもとで、特定の目標を効率的に実現する」ための意思決定の理論であり、目標は明確であることが当然の前提である。目標が曖昧であったり多義的であれば、数学を駆使した理論としては成り立たない。しかし現実の政治では、目標を明確に設定することは必ずしも容易ではない。様々な人々の異なる価値観や利害関係を踏まえて、大きな目標を設定することが政治家の重要な役割となる。政治的意図から、目標をあえて曖昧にすることもある。また、現実の政治では制約条件も明確ではないことも多いため、政治家はさらに複雑な状況に直面する。

しかも現実の政治では、目標を設定する以前に、「何が問題なのか」ということが明確でないことも多い。問題設定は、政治家の重要な役割なのだ。何が問題なのかを人々に語りかけ、それを解決するための大きな目標を掲げ、制約条件を踏まえて着実に手を打っていくことが政治である。その点、鳩山首相にはあまり“当事者意識”が感じられず、その言動に“ひとごと”のような印象がつきまとう。

浮世離れした言動が多く、「宇宙人」とも呼ばれる首相だが、理系出身でもあり、自分ではきわめて論理的、合理的に行動しているつもりなのだろう。しかし政治家として、とりわけ国家指導者として、重要な要素が欠落しているのではないだろうか。


※当ブログの関連記事
■鳩山首相、「揺らぎは民主主義の本質」と開き直り?

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/64-63135589
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。