スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「世界ICTサミット2009」をストリーミングで視聴

 2009-06-09
6月8日~9日、「世界ICTサミット2009」が日経ホール(東京・大手町)で開催。開催概要によると、「情報消費社会の未来」をメインテーマに、国内外の企業トップやオピニオンリーダーを招聘して「クラウドコンピューティング」「ソーシャルWeb」「次世代モバイル」「メディアの革新」の4つの視点で最先端の動きを紹介し、今後のネット社会の発展について議論を行う、とのことである。

私は特にクラウドコンピューティングに興味があったので、申し込むつもりでいたが、気がついたら締切が過ぎていた。その時はしまったと思ったが、なんと「ライブストリーミング/チャットで会場の模様をご覧いただけます」という説明があるではないか。というわけで、当日はストリーミング中継を見ることにした。ちなみに、動画配信協力は株式会社Jストリーム。

6月8日の開始時点から自宅のパソコンでストリーミング中継を視聴したが、なかなかいい感じだ。音声も日本語と英語に切り替えることができる。もちろん実際に会場にいるような臨場感はないが、講演などの内容がわかればいいのであれば、わざわざ出向かなくてもいいので便利だ。ほかのカンファレンスでも採用してほしいサービスである。

動画画面の右横にはチャットの書き込みスペースがあり、動画画面の下には様々な人の書き込みがリアルタイムで表示されていく。単に講演やパネルディスカッションを視聴するだけでなく、人々の感想や意見などの書き込みをリアルタイムで見られるのも興味がつのる。ライブストリーミングとチャットの組み合わせは、いい試みだ。

あえて希望をいうと、動画の画面サイズを拡大できればいいと思う。動画サイズが比較的小さなサイズに固定されており、会場の様子を見るだけならいいが、資料画面が表示されたとき、そのままでは文字などの細かい部分が見づらい。

さて、1日目はグーグル副社長のブラッドリー・ホロウィッツ氏が、クラウドコンピューティングについて講演した。「クラウドコンピューティング自体は新しいものではなく、GmailやFlckr(2005年に米Yahoo!が買収)など、既にあるものだ。しかし十分にその恩恵を受けるには、まだまだ努力が必要。Googleはクラウドコンピューティングに関連した技術やサービスを開発している。たとえば、Androidは携帯電話を対象としたものだ。コンシューマ市場はイノベーションが速いが、コンシューマ市場でのイノベーションを企業市場でも展開したい。クラウドの将来はオープンなイノベーションに依存している」といった趣旨だった。

ホロウィッツ氏の講演に続いて、「クラウドコンピューティングの台頭」と題するセッションでは、ガートナー上級副社長のピーター・ソンダーガード氏のセッション・キーノートのあと、4名のパネラーが参加してパネルディスカッションが行われた。パネラーの一人であるマイクロソフト日本法人社長の樋口泰行氏は、「クラウドのメリットは大きいが、ソフトウェアがすべてクラウドになることはない。自社内で管理する従来型の“オンプレミス(on-premise)”のコンピューティングには、信頼性やセキュリティの高さ、カスタマイズの容易さといったメリットがある。両者のいいとこどりを考えるのがよい」といった趣旨の発言を行い、先ほどのグーグルのホロウィッツ氏とはニュアンスが異なっていたのが印象的だった。グーグルとマイクロソフトのビジネスモデルの違いを反映している、ということだろう。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/4-55b0baa5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。