スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

鳩山内閣への支持率が35.7%に急落

 2010-02-12
2月12日に公表された時事通信社の最新世論調査(調査期間:2月4日~7日)によると、鳩山内閣への支持率がなんと前月比11.4ポイント減の35.7%に急落し、一方、不支持率は同12.3%ポイント増の44.7%に急増するという、衝撃の結果が明らかになった。

調査期間は、2月4日に小沢幹事長の不起訴処分が決まり、小沢氏が幹事長続投を表明した直後にあたり、小沢氏問題が今回の内閣支持率急落の大きな要因であることは明白だ。「小沢氏は幹事長を辞任すべきだ」と考える人は72.5%と圧倒的だ。総選挙での民主党圧勝に寄与した党内最高実力者は、いまや民主党のイメージを大きく悪化させる存在となってしまった。世論の行方しだいでは、夏の参院選をにらみ、小沢氏の進退が問題になるかもしれない。

小沢氏の政治資金や不動産取得をめぐる疑惑は深まるばかりだが、本人からは依然として納得のいく説明はない。これでは、小沢氏には沈黙せざるを得ない事情があるのではないかと、勘ぐられてもしかたがない。元秘書ら3名が起訴されたにもかかわらず、開き直りともとれるような、強気というより傲慢な姿勢をみせていることは、多くの国民の反発を買っている。

ところが、民主党内で小沢氏に批判的な声はきわめて限られている。党内において公然と小沢氏を批判しにくい、民意とかけ離れた“小沢翼賛体制”のような姿を見せられると、国民は民主党の民主主義観に疑念をいだくのではないだろうか。「総選挙による民意」なるものを盾にとって暴走するのではないか、という不安を禁じえないのである。小沢氏はかねてから「理念なき選挙至上主義」、「数の論理」を振りかざす印象があるが、そのようなイメージが広まることは民主党にとって必ずしも得策ではないだろう。

前回の総選挙で国民は、民主党の政権担当能力に不安を感じつつも、自民党では難しかった「清新な改革」を期待したのではないだろうか。しかし、改革への期待は大きく裏切られつつある。首相の指導力欠如もあり、普天間基地移設問題などさまざまな案件で政権は迷走を続けている。さらに首相と幹事長がともに、政治資金などについて疑惑が問題化するに至って、民主党への幻滅は確実に広がっている。

そもそも小沢氏は、かつて所属していた自民党の旧田中派および旧経世会の金権・利権体質を濃厚に受け継いでいる。民主党が前回の選挙において批判した自民党のそのような体質を、民主党の最高実力者の小沢氏自身が体現しているというのは、皮肉としか言いようがない。



内閣不支持45%、支持36%=内閣発足後、初の逆転-時事世論調査
(時事ドットコム 2月12日)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010021200945&m=rss

 時事通信社が4~7日に実施した2月の世論調査によると、鳩山内閣の支持率は前月比11.4ポイント減の35.7%に急落、不支持率は同12.3ポイント増の44.7%で4カ月連続で上昇した。昨年9月の内閣発足後、初めて不支持が支持を逆転した。小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、元秘書の石川知裕衆院議員が起訴されたことなどが影響したとみられ、小沢氏が幹事長を辞任すべきだと思う人は72.5%に上った。
 調査は、全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施した。有効回収率は67.2%。
 不支持の理由(複数回答)は「期待が持てない」23.6%、「リーダーシップがない」22.8%、「首相を信頼できない」16.3%の順。一方、支持の理由は「他に適当な人がいない」12.9%、「政策が良い」8.6%、「首相を信頼する」7.2%と続いた。
 無党派層を見ると、不支持45.9%(前月33.2%)、支持28.1%(同38.5%)で、支持は3割を切った。
 小沢氏の進退問題に関し、「幹事長を辞めるべきだ」と答えた人は48.4%、「幹事長だけでなく議員も辞めるべきだ」と答えた人は24.1%で、合わせて7割以上が幹事長続投に反対。
 小沢氏が「政治とカネ」をめぐる問題で、「国民への説明責任を果たしていると思わない」との回答は85.0%に達した。 
 夏の参院選比例代表で投票する政党としては、民主が24.0%で前月比6.6ポイント減。自民は同1.4ポイント増の18.0%でやや差を縮めた。
 政党支持率は、民主が22.8%(前月比3.4ポイント減)と鳩山内閣発足後で最低。自民は14.6%(同1.5ポイント増)で、以下、公明4.3%、共産1.6%、社民0.7%、みんな0.4%、国民新0.1%の順。支持政党なしは53.0%だった。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/39-d65c7397
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。