スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

小沢氏問題は終わったのではなく、これから始まる

 2010-02-05
当ブログの昨日の記事『小沢幹事長は不起訴となったが、疑惑は払拭されていない』でも取りあげたように、2月4日、民主党の小沢幹事長の一件は、嫌疑不十分で不起訴ということになった。

しかし小沢氏問題は終わったのではなく、むしろ、これから始まると考えたほうがいいだろう。

小沢氏は東京都内の市民団体から政治資金規正法違反で刑事告発されている。今回の検察の不起訴処分を不当として、告発人が検察審査会に審査を申し立てた場合、小沢氏が起訴される可能性は残されているのだ。

また、今回は証拠不十分だったが、今後の捜査で新たな証拠が出てきた場合は起訴される可能性もある。

元秘書ら3人が逮捕・起訴されたにもかかわらず、小沢氏が幹事長の職にとどまると表明したことは、今後の政治情勢に少なからぬ影響を及ぼすだろう。

世論調査によると、国民の多くは、「小沢氏は説明責任を果たしておらず、疑惑は解消されていない。幹事長の職は辞任すべきだ」と考えている。疑惑に対して納得できる説明がないまま小沢氏が幹事長職にとどまり、しかも鳩山首相は小沢氏と一蓮托生の姿勢をとっていることは、民主党への不信感につながるだろう。すでに鳩山内閣への支持率は低下し続けているが、今後、さらに低下していく可能性も強い。

また、民主党内には渡部恒三元衆院副議長など、小沢氏に距離を置く人々もいる。いまのところ民主党内の大勢は小沢氏支持に見えるが、世論など今後の情況次第では、反小沢グループがじわじわと勢力を拡大する可能性もある。

少し前に鳩山首相と小沢幹事長は、「国民は、このような問題があることを事前に承知の上で、民主党を支持した」という趣旨の発言を行っているが、国民は民主党の過去の疑惑を不問に付したわけではなく、民主党に白紙委任状を与えたわけでもない。都合が悪くなると、前回総選挙での圧勝を盾にとって、開き直りとも思える発言を行うのは、きわめて不見識といわざるをえない。その圧勝ですら、民主党への積極的支持というよりは、自民党への批判票が多くをしめているのは明らかである。

それにしても、小沢氏は不動産が大好きなようだ。1月28日には、小沢氏が2005年11月に沖縄県宜野座(ぎのざ)村で約5200平方メートルの土地を購入していたことが、登記簿や衆議院の資産等報告書でわかった。現地は建物もない文字どおりの“原野”で、使途は不明とのことだ。この土地は、政治問題になっている米軍普天間飛行場の移設予定地の近くに位置し、しかも購入時期は、基地移設を盛り込んだ在日米軍再編の中間報告が合意された直後である。これでは基地移設を当て込んだ投機目的の不動産取得の可能性が濃厚だ。政治家のモラルとして、いかがなものだろうか。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/32-1ca52cee
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。