スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

自分が自衛隊の最高指揮官だとは知らなかった菅首相

 2010-08-22
菅首相が8月19日、「防衛大臣は自衛官ではない」、「内閣総理大臣は自衛隊の最高指揮監督権を有する」ということを知らなかったと思われる発言をおこない、波紋を広げている。首相が本当に知らなかったのであれば、文民統制(シビリアンコントロール)が分かっておらず、「自衛隊の最高指揮官が、自分が最高指揮官だとは知らなかった」ということになり、もはや冗談にもならない。多くの人が唖然としたのではないだろうか。首相は、中学や高校で教わるような政治の基本知識すら欠けていることを露呈してしまった。

これまでの発言などから推測すると、菅首相は安全保障問題にはほとんど関心がないように思える。鳩山前首相当時の普天間基地移設問題ではほぼ一貫して沈黙を守り、首相就任にあたってはいち早く日米同盟重視を打ち出した。現実主義といえば聞こえはいいが、安全保障問題についても特に見識があるわけではなく、面倒なことは避けたいという姿勢しか伝わってこない。

さる1月の参院予算委員会では、菅財務相(当時)が子ども手当の乗数効果について質問されて立ち往生し、乗数効果という言葉自体を知らないことがばれてしまった。乗数効果と消費性向の違いも分かっていないようだ。乗数効果という言葉も知らない人が財務相をやっていたのだから、困ったものだ。いずれにせよ、菅首相は財政に関する基本知識が欠けているようだ。菅首相は首相就任後に唐突に消費税10%を打ち上げたり、「増税で景気がよくなる」と言い出したりしているが、思いつきか他人の受け売りにとどまり、本人に理論的裏付けがあるとは思えない。

菅首相は安全保障や財政といった国政の核心部分で、基本知識が欠落している。こういった分野に不勉強というより、ほとんど関心がないのではないだろうか。しかし、そのような人物が首相の座にあるのは、いかがなものだろうか。菅首相が関心があるのは、首相の地位だけではないかとも勘ぐりたくなる。いったい菅首相は首相として何をやりたいのかも、さっぱり分からない。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/122-1cae820c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。