スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

参院選で苦戦する民主党。選挙後、連立の組み替えも課題に

 2010-07-10
参院選もいよいよ終盤を迎えている。菅首相が唐突に消費税アップ構想をぶちあげ、その後の迷走ぶりが首相としての資質に疑問をいだかせたため、鳩山・小沢退陣後の民主党への追い風は急速にしぼみつつある。一人区で自民党候補が善戦している他、一時は内閣支持率のV字回復のあおりを食らっていた「みんなの党」も、ここにきて人気が復活しつつある。鳩山前内閣当時に予想されたような民主党の惨敗はなさそうだが、多くの国民は今や民主党政権をさめた目で見ており、苦戦をしいられていることは間違いない。

民主党にとって現在の連立相手は国民新党だけだが、国民新党は今度の参院選では一人でも当選できれば上出来なので、連立与党といっても民主党の結果次第で大筋が決まる。現在の連立与党で参院の過半数をとれなかった場合、さっそく課題になるのが連立政権の構成だ。民主党の幹部の中には、選挙戦の最中に第三極といわれる新党や公明党などに秋波を送って、物議をかもしている人もいるが、連立候補とされた党は総じて慎重な態度だ。

第三極といわれる新党の中で、もっとも波に乗っているのが「みんなの党」だ。「みんなの党」が躍進した場合、数だけで言えば、同党と連立を組めば大丈夫である可能性も強い。しかし「みんなの党」の渡辺代表は、民主党は官僚支配が復活しつつあり、官公労を支持母体にかかえており、郵政の実質的な再国有化を進めつつあるとして、そのままでは民主党との連立はありえないと断言している。さらに「みんなの党」と国民新党の基本政策は水と油であり、「みんなの党」と連立を組むとしたら、国民新党との連立は解消せざるをえない可能性が強い。公務員改革については「みんなの党」に一任して徹底的にやってもらう、くらいのことでもやらない限り、「みんなの党」との連立は難しそうだ。

その他の新党は、政策面では連立を組んでも融通がききそうだが、いかんせん弱小政党であり、結党理由もよく分からなかったりする。「たちあがれ日本」などはミニ政党でありながら、代表者の平沼氏と与謝野氏の基本政策が食い違っているという有様だ。

公明党は、まず自民党との関係が精算されているわけではない。さらに、民主党が必ずしも人気がなく、最近では消費税問題で反発を買っているのを見て、ある程度、距離を置いたほうが得策だと考えているのではないだろうか。民主党の勢いが削がれれば公明党の存在感が相対的に高まり、キャスティングボートを握りやすくなるという判断もあるだろう。

民主党と自民党との大連立も、可能性としては考えられる。菅内閣が成立した途端に自民党との政策の違いが曖昧になり、自民党の別働隊のような印象すら与えている。かつて自民党の福田康夫内閣の時、民主党の小沢代表(当時)が大連立を申し入れ、福田首相(当時)も乗り気だったが、民主党内の反発で話が流れたことがあった。もし今度、大連立が実現すれば、与野党の立場を変えてそれが再現することになるが、国民の反応などを考えると、実現は容易ではないだろう。

いずれにせよ、参院選の結果、政局が安定する可能性は薄い。新たな政権の枠組みをめぐり、模索が続きそうだ。


※関連エントリー
■急降下する菅内閣の支持率。消費税アップ構想をきっかけに見えてきた問題点

コメント
【要注意】みんなの党は新自由主義・小泉改革自民党の直系政党

asahi.com(朝日新聞社):与党、過半数は困難 朝日新聞終盤情勢調査 - 政治
http://www.asahi.com/politics/update/0708/TKY201007080575.html
与党過半数厳しく 参院選全国終盤情勢 - 中国新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201007060399.html
「参院選、終盤情勢 与党過半数割れ濃厚 みんななど第三極10議席以下」:イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/412174/

情勢-- 現 要 朝日推計 共同推定 産経予測 過半数
------+--+--+--------+--------+--------+------
民主-- 62 -- 42-49-57 44-49-57 48-51-55 ------
国民新 03 -- 00-01-01 00-00-01 00-00-01 ------
無所属 01 -- -------- -------- -------- ------
(小計) 66 56 42-50-58 44-49-58 48-51-56 不可能
社民-- 02 -- 01-01-02 01-02-02 01-02-02 ------
(小計) 68 54 43-51-60 45-51-60 49-53-58 困難--
共産-- 03 -- 02-04-05 02-04-04 02-02-04 ------
(小計) 71 51 45-55-65 47-55-64 51-55-62 ギリ可

終盤情勢は民+国+社+共で過半数がギリギリ可能。これ以上、与党の議席数を減少させると危険水準です。
「民+み」で過半数がギリギリ可能。★★★「民+み」の連立になると、非正規雇用が大幅に増加します。
みんなの党は新自由主義・小泉改革自民党の直系政党なので、小泉時代のように状況を悪化させるだけです。
『当面だけの』消費税率維持に乗せられて、みんなの党へ投票を考えている有権者は、目を覚ますべきでしょう。
民+保守各党の連立になれば、消費税は 10% どころか、10% → 15% → 20% と青天井になります。
よって、比例代表は社民の保○○人氏に、また与党の議席数が予定以上に減少しすぎたので、
選挙区は民主党に投票し、議席数を調整します。

みんなの党 清和会 小泉 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?ie=auto&q=%A4%DF%A4%F3%A4%CA%A4%CE%C5%DE+%C0%B6%CF%C2%B2%F1+%BE%AE%C0%F4

cf. http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1276782795/34-
【2010/07/10 08:47】 | nobody #6ukE0KrY | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/116-bac5a990
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。