スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

日本の政治情勢は小泉元首相の退陣後の迷走を延々と続けているだけ

 2010-06-30
菅首相が唐突に打ち出した消費税10%構想が予想以上に不評で、菅内閣の支持率が急落するや、首相は「消費税アップは議論を呼びかけたのであって、公約ではない」と言い出して、いきなり姿勢が後退してしまった。この消費税10%構想はもともと自民党の主張をぱくったものだが、それが必ずしも人気がないと分かると、すぐにトーンダウンして悪影響を最小限にとどめようとする。鳩山前首相が現実から遊離した観念に固執して破綻したのを、反面教師にしているのかもしれないが、菅首相は御都合主義が目立つようだ。夢の世界を徘徊していた感のある鳩山前首相と比べると、菅首相はある意味で現実主義者ともいえるが、本人のアイデンティティがどこにあるのか、さっぱり見えてこない。他党の主張や政策を適当に拝借して自らをカモフラージュし、あとは失言さえしなければ参院選はなんとか乗り切れると思っているフシもあるが、これでは“その場しのぎ”に過ぎないし、選挙戦では自民党なども意外と善戦しているようで、菅首相の思惑通りにいくかどうかは分からない。

消費税アップに対する菅首相のスタンスが後退したことで、参院選の争点がますます分からなくなってきた。昨年の総選挙では政権交代そのものが争点だったが、今回の参院選は実質的に菅政権への信任投票のようなものである。昨年、自民党から政権を奪取した当時と比べると、民主党への期待はかなり低下しているが、不人気だった鳩山・小沢のツートップがそろって退陣したことで、大敗は避けられそうな状況だ。いずれにせよ、争点は不明確で、与党の人気はいまひとつだが、野党も力不足となると、なかなか盛り上がらない。

現在の菅政権を見て感じるのは、自民党時代といったい何が違うのかということだ。菅政権のいわば現実路線により、ますます従来の自民党と大差のない政権となっている。民主党内には「大きな政府」派と「小さな政府」派の両方がいるようだが、党としての明確な方向性ははっきりしない。その点では、かつての自民党にも両方の志向の人たちがいたので、似たようなものだ。また、従来の自民党政権は基本的に官僚と協力して国家運営を行う体制だった。鳩山前政権は明確な構想や充分な準備もなしに表面的な官僚排除をやろうとして挫折したが、菅政権はとりあえず官僚との融和に努めるようだ。

日本の政治情勢は結局、小泉元首相が退陣した後の迷走を今日までずっと続けているだけに思える。思い起こすと、小泉元首相の後継に安倍氏が就任した時から、雲行きがおかしくなった。自民党は安倍氏、福田氏がいずれも1年もしないうちに政権を投げ出し、次の麻生氏は総選挙で敗北したため、これまた1年も続かなかった。民主党の政権奪取で首相となった鳩山氏も、8カ月余りで辞任に追い込まれた。もっとも、昨年の総選挙で民主党が勝ったのも、たまたまその時に総選挙があったからに過ぎず、要するに「自民党ではない大政党」であれば勝てたのだ。鳩山前首相は、自民党の安倍・福田・麻生という1年ももたなかった3代の首相の延長戦をやっただけのことだ。下手をすると、菅首相もこの延長戦に加わる可能性がある。


※関連エントリー
■唐突な消費税アップ構想で人気が失速する菅首相
■参院選が公示。「消費税引き上げ」は争点なのか
■鳩山前首相を反面教師とする菅首相の「カメレオン戦略」

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/111-ecc98226
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。