スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「擬似政権交代」のイメージを打ち出すことに成功した菅政権

 2010-06-12
菅首相は6月11日、就任後初の所信表明演説を行った。しかし、自分自身が要職にあった鳩山前政権において「政治とカネ」の問題が噴出し、失策や迷走が続いたことなどについては明確な総括はなく、「鳩山前首相は辞任でけじめをつけた」と述べるだけで、あっさり済ませてしまった。国民には前内閣のことは早く忘れてもらい、新内閣の清新なイメージで置き換えることを狙う戦略だろう。鳩山前首相が現実から遊離した観念の世界を徘徊していた印象があるのに対し、菅首相は現実重視の地に足の着いた政治姿勢が感じられるのが対照的だ。皮肉なことに、鳩山前首相は“偉大な反面教師”として大いに役立っている。実は菅新政権は、鳩山前首相や小沢前幹事長の退任を除くとマイナーチェンジに近いものであるにもかかわらず、いわば「擬似政権交代」のイメージを打ち出すことに成功している。

鳩山前首相は実質的に米国に距離を置くことを画策して頓挫したが、菅首相は日米同盟を日本外交の機軸にすることを明言しており、普天間問題でも日米合意を踏まえるという。「責任感に立脚した外交・安全保障」を柱として掲げてはいるものの、独自の方向性は特に示しておらず、自民党時代からの枠組みを基本的に踏襲するようだ。鳩山前首相の轍を踏まないように、外交・安全保障で波風が立つ可能性は封じておくということだろう。

内政では、まず「戦後行政の大掃除の本格実施」という柱を掲げており、無駄の廃絶や公務員制度改革を進める意向だ。前内閣では、パフォーマンス的な性格も強い「事業仕分け」が国民の関心を集めたものの、無駄の廃絶はなかなか進まず、公務員制度改革も実質的に骨抜きになっていった。閣僚などが官僚に取り込まれる傾向や、民主党が官公労を支持母体としている事情もあり、断行していくには、よほどの決意をもって取り組まないと難しい。またしても骨抜きの「偽装改革」ということになれば、民主党への疑念と失望が広がるだろう。

鳩山首相が経済活性化にはほとんど関心がない印象があり、財政再建に前向きに取り組む姿勢もあまり感じられなかったのに対し、菅首相は「経済・財政・社会保障の一体的立て直し」を柱として掲げている。ただ、地球温暖化防止や社会保障などの政策課題を経済成長につなげる「第3の道」を提唱しているが、それが本当に経済成長につながるかどうかは未知数だ。

特に明確なのは、財政再建を前面に打ち出していることだ。実際、菅首相は最近のギリシャ財政危機をたびたび例に挙げて、日本の財政状態の深刻さに言及しており、財政再建に強い熱意を示している。鳩山前内閣では、選挙対策とも思われるバラマキ政策が目立ったものの、あとで財源が足りないことが判明し、巨額の国債発行に追い込まれてしまった。菅首相は聖域を設けることなく、財政再建を強力に進める意向だ。これについては、「大きな政府」を志向する党内外の積極財政派との軋轢があるかもしれない。

11日に決定された「参院選マニフェスト」では基礎的財政収支(プライマリー・バランス)について、2015年度までに赤字を半減し、2020年度までに黒字化する目標をかかげている。消費税率引き上げを含む税制の抜本改革は次期衆院選後とされている。マニフェストには、「超党派の会議で財政規律を議論する」という記述もある。ここで“超党派”となっているのは、各方面からの抵抗も予想されるテーマであるだけに、民主党だけが矢面に立つのを避ける意図があるのかもしれないが、特定の政党だけで暴走せず議論を尽くすのであれば望ましい。自民党には、財政再建や社会保障のための消費税率引き上げを掲げて参院選を戦おうという声もあったようだが、民主党に重要政策として財政再建や税制改革を掲げられると、お株を奪われることになる。


※関連エントリー
■菅新首相で内閣支持率は急回復するも、イメージ先行で力量は未知数
■菅新首相の前に立ちはだかる、小沢氏の強い影響力
■鳩山後継は菅直人氏に決定。民主党への逆風の中を船出
■鳩山首相が辞任表明。「国民が聞く耳を持たなくなった」と発言

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://trendcaster.blog68.fc2.com/tb.php/104-dec864ce
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
プロフィール

trendcaster

Author:trendcaster
時流を追いながら書きつらねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。